情報の最近のブログ記事

映画が先か、原作本が先か

私が若いとき、映画「羊たちの沈黙」が公開され、話題になりました。

私は結局映画館でこの映画を見ませんでしたが、原作本を読みました。
後になってからテレビで放送されたのを見ましたけど。

本を読んでいる時、不思議とその場面が頭の中に浮かんできました。
映画の主要な出演者は知っていたから、勝手に頭の中で主演女優と男優が演技をしている映像を作り上げている感じでした。

原作本は確か上下巻に分かれており、映画では出てこなかったシーンが沢山あるのがもったいなく思いました。
恐らくフィルムには撮ったけれど、時間の都合上カットしてしまった箇所も多いと思います。

羊たちの沈黙はこのくらいにして...私の息子の夏休みのこと。
息子の読書感想文に、なんと7冊も本を読めと学校から言われていました。
まず、本選びに迷いました。
本屋さんで去年映画館で見た怪盗グルーシリーズの1作目が本で出ていました。
これは原作と言うより、公開された映画を後から文章に起こしたもののようです。
これがいい!と息子が言うので、購入し、息子が留守の間に私も読んでみました。

この1作目「怪盗グルーと月泥棒」の映画を見ていません。
が、結構本を読んだだけで楽しめる!

子供の本ですが、大人も面白く読めます。
映画を見るのもいいですが、原作本を読むと細かい情景までわかって面白いですよ。



だしが一番大事なおみそ汁

おみそ汁の具っていろいろありますよね。
冬の間は大根のおみそ汁を作ることが多かったです。
薄く切ってさっと加えたのも好きですし、大きく乱切りした大根に何度も火を入れて炊き過ぎたようなおみそ汁も大好きです。
これからの季節は、新じゃがいもと新玉ねぎにきざみねぎを加えて食べるのがお気に入りです。
自然の甘さが何とも言えません。
おみそ汁に玉ねぎを入れると、あのほんのりした甘みがおみそと絶妙にマッチしておいしいですよね。
でも、玉ねぎ入りのインスタントみそ汁というのはありませんから、あまり一般的ではないのでしょうか。
豆腐にわかめ、油あげ、ねぎの組み合わせは定番中の定番ですが、私はおふも好きです。
以前仕事をしていた頃、夜勤明けに飲むおふとねぎしか入っていないけれど、あつあつのおみそ汁がとってもおいしかったのをよく思い出します。
ということは、おみそ汁はだしが一番なのでしょうね。
だしがよければ、どんな具を入れてもおいしくなるのでしょう。
使用する水も大切でしょうね。
水はちゃんと浄水器を通したものを使用したほうがいいと思います。
家庭用浄水器でおすすめなのはこちらですが
最近は高いものから安いものまで揃ってますからね。

私は季節によって、昆布、煮干、鰹節などを使ってだしをとっています。

重曹のパワーってすごい

今日は一日お休みだったので、お部屋の掃除をしました。

時間がたっぷりあったから、食器の整理もしました。

すると、食器棚の奥から、持っていたことも忘れていたようなワイングラスが出てきました。

成人してすぐにお酒でもたしなもうかと買ったような覚えがあります。

しかし、お酒には強くないことが分かり、奥へ奥へと追いやられていたようです。

最初は処分しようかとも思いましたが、せっかく買ったものだし、くすみがあるけれど洗えば使えそうなので残しておくことにしました。

いざ洗ってみたのですが、くすみがなかなか取れません。

奥へと追いやってしまっている間に、ワイングラスがぐれてしまったのでしょうか。

なかなかキレイな顔を見せてくれません。

どうにかならないかと調べてみると、重曹をペースト状にして塗っておくとくすみが取れるそう。

早速試してみました。

すると、今までの頑固なくすみがうそのようにきれいになりました。

重曹のパワーに感激しながら、ワイングラスを今度は食器棚の一番前においておきました。

ふるさと納税をした結果

最近、ちまたで話題のふるさと納税をしてました。
私は高知市に1万、十日町に1万、宇和島市に1万円で合計3万円、ふるさと納税をしました。

その結果、高知市から「かつおのたたき」十日町からは「魚沼産コシヒカリ2.25キロ」宇和島市からは「みかん1箱」をいただきました。
会社で年末調整してまでしてもらっているので、税務署のサイトからふるさと納税分だけ付け加えて申請しました。

確定申告というと、非常に面倒な印象を持ちます。
しかし、会社でしてもらっているから、所得、ふるさと納税額などを打ち込み、総所得、控除額などが書かれた原本、ふるさと納税の領収証書を貼り付けます。

ここまで10分かからずに済みました。
ちなみに控除してもらった額は28000円です。

2000円を超える寄付金が控除されるそうです。
自分の住む自治体が充実するのはもちろん大切です。
しかし、個人の立場からすると、「何かもらえる」ほうがお得だと感じますね。

行政サービスは最低限そろっていて、個人の嗜好が多様化している今。
ふるさと納税は自治体の使い道を特定して治められるので、政治よりも意見を反映してもらっている感があります。
これからは、自治体で見返りが多いものに納税をしていきたいですね。

運気を呼び寄せる為にやること

基本的に運気を呼び寄せる為に宝くじなどを買いに行く前は、部屋を掃除します。

畳や床を拭いたり、片づけたり、ダメもとでやってみるのですが、いらないものを処分したり、断捨離したりなど色々やってみます。

部屋にスペースが空いてクリアになると、やはり宝くじに当たったり、良い仕事の依頼が
思いがけないところから入って来たり・・・掃除はやはり基本なのではないかと思います。
トイレの神様って言いますし、最近は、書店で日本の神様の本を買いました!!
トイレや玄関などそれぞれの場所に日本古代のいろいろな種類の神様がいるのだそうで
掃除の仕方などが書かれていてイラスト付きでとても面白く、参考になりました!!
やはり、環境って大事なんだなと思いました!!
何か嫌なことがあったり、落ち込んでいたりしたら、悪い流れを断ち切り、流れを変えるために
拭き掃除やいらないものの処分などできるところかは始めるといいのかと思います!!
気分もすっきりしますし、過去への執着がなくなります!!

ボージョボー人形

ルイボスティ

最近、いやもう一昔前から人気のルイボスティは、もう試されましたか?

以前、子どもが小さいときに、このお茶を飲ませていたことを思い出します

通常のお茶よりもミネラルが多い?活性酸素除去作用があるなどなど、色々な利点があるようです。

わが家のアトピーっ子にも、いいようで、お勧めされた商品ですが、パパにはそのままの味では、ちょっと鉄分のような味がするそうです

癖が少しあるのかな・・・

でも、私は気にならない気がします

市販では、色々なものが出回っていますが、もちろん値段もピンキリ

麦茶のように安くはいきませんが、まあまあ利用できるお値段だと思います

今日、生活の木というお店で、このルイボスティについて少し聞いてみました

通常見られるのは、ルイボスティの赤というものらしいのですが、青?緑?というものを発見、

これは、抗酸化作用が赤に比べて2倍あるそうです

乾燥させていない茶葉で、出しているので、飲んだ飲み口もなんだか少し緑茶のような気がしました

ちなみに、まだお試しされていない方、赤は少し紅茶のようです

ただ、ちょっと自分の癒しのために買うことにしたので、ルイボスティ+マンゴーを買いました

これ!すごいいい香りですよ

女性におすすめです

なんせ、最初にティーパックを取り出しただけで、あまーいマンゴの香りに包まれて、実際飲むと甘さはない

なんともいえない美味しい感じです

もう一つ、以前私が試した中では、ルイボスティとレモンの組み合わせのお茶もかなり美味しかったです

特有の味が、少し減り、その代りレモンティのストレートを飲んでいる感じでした

さわやかな感じが、後味に残って特有の鉄味を消しているのではないでしょうか

また一度お試しください

カボチャは冷凍保存で無駄なく使う

旬の時期になり、大きなカボチャが安価で販売されることが多くなりました。

節約を考えると、丸々一個買いたいところですが、食べきれないからと少し高いけれど、カットされてるものを購入する方も多いと思います。



そんな方にオススメなのが、冷凍保存です。

カボチャは丸のままならば、長期間保存することのできる食材です。

しかし、包丁を入れてしまうと空気に触れ、くさりやすくなってしまうのです。



まず、冷凍保存をする前に、どのように調理するか考えます。

例えば、煮物と天ぷらの場合には、その調理に使う大きさにカボチャをカットしてしまうのです。

煮物ならば、一口大の大きさにし面取りをします。

天ぷらならば、薄切りにカットし、チャック付きの保存袋に入れ、冷凍します。

このように、先にカットして冷凍してしまうことで、調理時間の短縮にもなるのです。



また、冷凍したカボチャは解凍してしまうと水分がなくなってしまうので、凍ったまま調理するのがポイントです。

電子書籍

現在電子書籍の端末を検討中

何せゆっくり本屋で本を探すことなんて、小さい子連れでは、難関すぎてできない・・・

この間は、子どもを携帯で静かにさせた状態で、走って本屋に入り、急いで買って戻るという意味不明なことをした

本好きなのに、本を買いにも借りにもいけない

どうにか解決できないかっと思って、電子書籍を思いついた

周りにまったくもっている人をみないので、普及はいまいちなのかな

ただ、ipadのようなものでは、目によくないらしく、電子書籍端末の中でも、sony、amazon、楽天のものに絞られた

それらは白黒がほとんどだが、本を見ているのと程度らしい

しかし、どれがいいのかまたまた検討中

なにせ、それぞれの会社の端末を選ぶと、電子書籍を購入できる業者が勝手に決まってしまう

どこからでも買えるというわけではないらしい

こんな面倒な話はあるのか・・・

その上、私が甘かったのは、案外本自体の値段と変わらないんですね・・・ショック

ネットを通して買うだけなので、すごく安く買えるのかと思ってしまった・・甘い

そのうえ、どの分野でも電子化されているわけではないでしょ

たとえば自分が見たい本がなかったら、意味がないわけですよね

みんなどうしているんだろう

そして、出張の多いサラリーマン以外でどのくらいの人が、これを利用しているんだろう

すごく気になってきました

図書館などで済ましてしまっている人は、まったくの損になるよう

ただ、図書館に行く時間もない、本を探す時間もない、置く場所もないって人にはいいのかな

ipadだと他にも用途はいっぱいだから、そっちが魅力的?

でも、目への負担はかなり気になるし

 

まあまあ、それより、各社の比較を考えてみました

暗闇で読めない

・sony

重さが一番軽い

・sony

記憶容量が一番少ない

・sony

紀伊国屋の電子書籍が利用できる

・sony

信頼性

・amazon

書籍の金額が安い?

・amazon

などなど

結局、amazonなのかな。・。

アップル製品

この前、テレビに出ている女医が、アップル製品が好きでノート数台、タブレット、スマホ数台で使っていると言っていました。

資料作成用やプレゼン用などで使い分けているのだそう。

不便じゃないのかなと不思議に思いましたね。

環境も揃えないといけないし、データの共有はどうしてるんだろう。

クラウド化しているんだろうな。

アップル製品は好きな人は本当に好きで、コアなファンが多いです。

ただの道具としてでなく自分のプライドの鼓舞のために持っているように思いますね。

アップル製品を持っていれば偉い、みたいな感じです。

Windowsユーザーはそういったポリシー的なものが無く、道具として使っているように思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは健康です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。