友だちの引越し

子どもができてから、私の周りの人間模様も大幅に変わった

今まではなしたことのないタイプの人が、意外とすっごく気があったり、合わなかったり

でも、すっごくたのしくて、子育ての悩みや苦労を共有できる分、今までの付き合いよりも濃厚であったり

ただ、本当に仲の良かった一人の友達は、パパの転勤で横浜という遠くの都市へ行ってしまった

年に数回さみしくてあっているので、でへへ 悲しんでばかりではないが

でも、今回幼稚園に入って知り合った気の合うママが、帰ってしまうことになった

彼女は、娘(一人っ子)を連れて、震災によりこちらに自主避難していた

入園は少し彼女の方が早いが、でも色々なことを気軽に話せる本当に気持ちのいい人だった

しかし、パパがまだ地元で働いているということもあり、ここで帰ることを決めてしまった

しまtったって。悲しんでばかりではいけないのだが、

やはり、パパのいない生活は本当に大変だったと想像するだけでわかるし、こんなさみしいことはない

パパの実家は、まるでパパを見捨てた嫁のような目で見ているようで、今現在は絶縁状態にあるらしい

これからの彼女の生活も、結構大変になるだろう

そんなことを考えるだけで、なんだか切ない

だから私だけが悲しんでいるわけにはいかないが、でもやはり寂しい

私にとって、子育てから得た副産物として、素晴らしいママ友達との出会いがある

もちろん無数にいるママの中から、どうしても価値観や考え方が似たメンバーがそろってくるが、本当に以前からの知り合いのように楽しく、会話がつきない

時には、自分を高めてくれて、自分を後押ししてくれて、自分を癒してくれて

彼女たちに感謝と尊敬をもって、これからも遠く離れても付き合っていけたら、本当にうれしい

 

 

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2013年12月11日 18:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PM2.5」です。

次のブログ記事は「子どもの夜尿症」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。