2013年12月アーカイブ

娘と自分との関係を想う

年頃の娘がいるのですが、最近早く一人前として独り立ちしてもらいたいと強く思うようになりました。

普通の親はいつまでも一緒にいてほしいと思うのだろう、とは思うのですが。

どうしてそう思うようになったのかと言うと、仕事が忙しいのは分かるのですが、家の事を全くしないからです。

当たり前のようにやってもらう事ばかり、正直いつまでもこれでは、こちらの身がもちません。

娘がエタラビ新宿店で働いているのは、自分のためですよね。

家には微々たる金額を入れているのみで、家政婦だったら雇える金額では全くないのですから。

だから親が働いてくれてありがとう、では可笑しいと思うのです。

それなのに、娘は働いて疲れて帰ってきて、なんで又家の事をするのか、という意識なのです。

親は家政婦ではないのです。その事を分かってほしいし、感謝なんかも出来ればしてほしい訳です。

今の状態では、それは望めない事でしょう。

独り立ちが無理なら、結婚してほしいです。

いい歳です。いつまでも一人ではいられないし、それでは心配です。実は何度も話しているのですが、現状は変わりません。

いつになったら夫婦水入らずの生活になるのやら。愚痴ですごめんなさいね。

働きたい場所

最近、脱毛サロンに行くことが多いです。
普通の美容院も好きですけど。

ところで小学校の頃、文房具も売っている本屋さんが、通学路の途中にありました。
いつも、文房具を買うフリをして入っていき、漫画本を立ち読みしては、本屋のおじさんが、ハタキを持ってやってくるというコントみたいな風景が普通にありました。

漫画本も今みたいにビニールに入っていなかったので、読めたのですけど、今思うと、作者にとっては、この立ち読みって申し訳ないなと思いますが。

でも、小学生のおこづかいではなかなか買えないのが現状です。
もちろん、気に入った本は買っていました。
今も漫画本は好きで、今は「大人買い」をします。

でも、それは新品ではなく、中古品で買うのです。
そう、今は本屋さんにも行きますが、漫画本を買う時は、新作でなければ「古」本屋さんで買うことが多いです。

脱毛サロンであれ、美容院であれ、また図書館にしても、本屋さんにしても、古本屋さんにしても、ある意味働いている人は私の憧れで、働きたいと思っています。

エタラビの天王寺で働きたいな。近所だし。

最近のバスタイムは

最近寒くなってきたので、シャワーで済まさないで、湯船につかります。
そして、お風呂に入る時に入浴剤を必ず入れるようになりました。

以前は粉状のものや発泡剤のような固形のものを使っていたのですが、最近は柔軟剤の容器のような入れ物に入っている液状になっている泡風呂の入浴剤にハマっています。

以前友人からギフトでもらった泡風呂の素は全く泡立たず、しかも脚などに痒みが出たりしてあまりいい思い出がありませんでした。

今回愛用しているのはデパートで30%割引をしていたのでたまたま買ってみたらとても私には合っていたのです。

子供用の入浴剤なのですが、子供向けに肌に優しい成分で出来ているおかげか肌トラブルもないし、しかも石鹸のいい匂いがして癒されます。

そして泡もキメが細かく30分以上消えずにアワアワのままです。

この泡で体を洗ってしまう事も出来るらしく、お風呂の中でマッサージを兼ねて体を洗っています。

15回分で1000円なので、毎日使っているとすぐなくなってしまいそうなのでストックを沢山常備しておこうかなと思っています。

エタラビ 栄

子どもの夜尿症

夜尿症というとなんだか、かなりの病気の気がしますが、いわゆるおねしょです

今日友達と話をしていたら、友達は子供の夜尿症で国立病院に行ったということでした

子どもは小学校4年生で、ほぼ毎日おねしょをすることで心配になったとのこと

確かに心配はするだろうな 何せ私も長かったから

ただ、病院の診断では、眠りが深い子はトイレに行きたくなるのが、気が付かないとのこと

そのため、また1年様子を見ましょうと言われたっと

親としても本人も、結構大変なんだというのは、つくづくわかるのでなんだかいたたまれなくなった

うちもまだ4歳だが、まだまだ毎日オムツにパンパンの状態

こればっかりは自然となくなるといわれるが、どこまで放任していいものか

学年が上がるとお泊り行事も増えるので、本人の負担がかなり増える・・・本当に本当につらいものがあると思います

ちょっと情報を調べていったら、こんなものにもあたったりした

1年間で自然と治る子は、10人に1人らしい・・・それって、治っているの?

っと思ってしまいます

私の時代と解決策がそう変化していないのが、あまりにも驚きました

これだけ科学や医療が進歩しているので、もっと解明されてもいいような気もしますが

なかなか難しいところなのでしょうか

何せ大人になると大半の方が治るので、テーマとしてはあがりにくいのかもしれませんね

調べていると案外鍼治療とかに当たることが多いので、もしかしたら、鍼とかが効果的なのかもしれません

今度一度、試してみたいとも思います

何はともあれ、結構デリケートな話

子どもでも、とっても敏感な年頃の話題だけにどうにか早く改善されますように

 

 

 

 

 

友だちの引越し

子どもができてから、私の周りの人間模様も大幅に変わった

今まではなしたことのないタイプの人が、意外とすっごく気があったり、合わなかったり

でも、すっごくたのしくて、子育ての悩みや苦労を共有できる分、今までの付き合いよりも濃厚であったり

ただ、本当に仲の良かった一人の友達は、パパの転勤で横浜という遠くの都市へ行ってしまった

年に数回さみしくてあっているので、でへへ 悲しんでばかりではないが

でも、今回幼稚園に入って知り合った気の合うママが、帰ってしまうことになった

彼女は、娘(一人っ子)を連れて、震災によりこちらに自主避難していた

入園は少し彼女の方が早いが、でも色々なことを気軽に話せる本当に気持ちのいい人だった

しかし、パパがまだ地元で働いているということもあり、ここで帰ることを決めてしまった

しまtったって。悲しんでばかりではいけないのだが、

やはり、パパのいない生活は本当に大変だったと想像するだけでわかるし、こんなさみしいことはない

パパの実家は、まるでパパを見捨てた嫁のような目で見ているようで、今現在は絶縁状態にあるらしい

これからの彼女の生活も、結構大変になるだろう

そんなことを考えるだけで、なんだか切ない

だから私だけが悲しんでいるわけにはいかないが、でもやはり寂しい

私にとって、子育てから得た副産物として、素晴らしいママ友達との出会いがある

もちろん無数にいるママの中から、どうしても価値観や考え方が似たメンバーがそろってくるが、本当に以前からの知り合いのように楽しく、会話がつきない

時には、自分を高めてくれて、自分を後押ししてくれて、自分を癒してくれて

彼女たちに感謝と尊敬をもって、これからも遠く離れても付き合っていけたら、本当にうれしい

 

 

PM2.5

最近、ニュースで聞いたことがない人はいないのではないかっというほど、出てくることば

PM2.5

あの中国の映像で、白くもやっているのを見るだけで、っぞっとしてしまう

日本国内でも、こちらは西日本なので、かなり飛んできているといった情報だ・・・

以前、アトピー対策で、家の水を変えたが、浄水器の効果は大きく、アトピーがどうかはわからないが、間違いなく美味しい

しかし、空気ともなると空気清浄機といったものだけでは、あまりにも範囲が広すぎて難しい

今朝のテレビで、中国北京のおばあちゃんが空気清浄機を背負って歩いていた・・・そこまでしないといけないのか?!

対策って難しすぎるし、口から入らなくても顔などについたものはどうなるのだろうか

もちろん、国内の放射能の問題も同じである

放射能は目に見えないうえに、野菜や魚介類に蓄積される・・怖い怖いと思っても、自分たちで回避するにはかなりの注意が必要である

西日本ならまだしも、東日本では、もはや困難すぎてわけがわからないらしい

それはそうだ

スーパーで売っているもの、水道から出る水、・・・・あげたらきりがない

こちらに移住してきている友達に色々な話を聞いたが、本当に移動するぐらいしか気を付け続けるすべがないらしい

ただ、それによって白い眼で見られることも多いとのこと

それは、こちらでなく、残った東日本の方に・・・なんだか切なくなる

同じ小さな子供を連れている主婦なので、どうにかして彼女の力になりたいと思っいる

しかし、そんな思いをしてまで移住している彼女たちに西日本ではPM2.5.。。もう何がなんだかわからいだろう

これからの環境問題は、どこから考えていけばいいのか、個人的なレベルでどこまでできるのか

だれか教えてほしいものである

 

何が楽しいのか

この冬も友人たちと忘年会を執り行います。
毎年恒例のことですが今年は私が幹事です。
しかし、残念ながら今年は忙しく、なかなか幹事活動が進みません。
幹事活動といってもメインは会場をおさえる事だけなのですが
あまりお店を知らないのでどんなお店があるのということから
調べなければなりません。
近所が良いのか、少し離れた所が良いのか、
鍋が良いのか、焼肉が良いのか
また鍋ならどんなのが良いのか。
そんなことも調整しなければなりませんね。
今年で無くても来年でも良いのです。
要は忘年会だろうが新年会だろうが構わないので
とりあえず集まって食事が出来ればいいのです。
気の合う仲間との食事会は楽しいので毎回楽しみなのです。
だから幹事も苦痛ではありませんが
会社などの気が合わない人間たちとの食事や飲みは苦痛以外の何者でもありません。
飛び交う怒号、愚痴、誹謗中傷・・・。
どれをとっても得るものなど何一つありません。
何とかならないものなんでしょうか。
何が楽しいのでしょうか?そんな集まり。

ルイボスティ

最近、いやもう一昔前から人気のルイボスティは、もう試されましたか?

以前、子どもが小さいときに、このお茶を飲ませていたことを思い出します

通常のお茶よりもミネラルが多い?活性酸素除去作用があるなどなど、色々な利点があるようです。

わが家のアトピーっ子にも、いいようで、お勧めされた商品ですが、パパにはそのままの味では、ちょっと鉄分のような味がするそうです

癖が少しあるのかな・・・

でも、私は気にならない気がします

市販では、色々なものが出回っていますが、もちろん値段もピンキリ

麦茶のように安くはいきませんが、まあまあ利用できるお値段だと思います

今日、生活の木というお店で、このルイボスティについて少し聞いてみました

通常見られるのは、ルイボスティの赤というものらしいのですが、青?緑?というものを発見、

これは、抗酸化作用が赤に比べて2倍あるそうです

乾燥させていない茶葉で、出しているので、飲んだ飲み口もなんだか少し緑茶のような気がしました

ちなみに、まだお試しされていない方、赤は少し紅茶のようです

ただ、ちょっと自分の癒しのために買うことにしたので、ルイボスティ+マンゴーを買いました

これ!すごいいい香りですよ

女性におすすめです

なんせ、最初にティーパックを取り出しただけで、あまーいマンゴの香りに包まれて、実際飲むと甘さはない

なんともいえない美味しい感じです

もう一つ、以前私が試した中では、ルイボスティとレモンの組み合わせのお茶もかなり美味しかったです

特有の味が、少し減り、その代りレモンティのストレートを飲んでいる感じでした

さわやかな感じが、後味に残って特有の鉄味を消しているのではないでしょうか

また一度お試しください

車が・・・

今朝、幼稚園に子どもを乗せていこうとしたら、キーを回しても、うんともすんとも・・・

すでに10年を超えて、走行距離14万キロに近い老体

完全ノックアウト状態のように無音

 

先週あたりから、毎朝一度ではエンジンがかからない状態になっていました

アクセルを踏みつつ、エンジンをどうにかかけていました

とうとう・・・

 

しかし、どうにか車検等をお願いしている近くのガソリンスタンドに連絡

9時半ゴロには見に来てもらい、バッテリーをチャージ

すぐにエンジンはつきました

バッテリー自体は、去年変えており、まだ1年ほど

私はekワゴンに乗っていますが、まあ、よくバッテリを変えます

過去、4,5回は変えています

でも、今回はそのバッテリーが問題ではない様子

どうにか、エンジンをつけてもらいましたが、一度かかったら止まることなく1日乗ることができました

再度同じガソリンスタンドで見てもらいましたが、原因不明

ちょっと明日からも不安な点が多すぎる

いよいよ寿命なのかな

なんせ税金も上がるし、来年ある車検はもう受けるのは難しいかもっとは思っていました

でも、みなさんはどんなタイミングで買い替えますか?型に飽きたら?少々古くなったら?乗りつぶすタイプ?などなど

私は、完全に乗りつぶすタイプです

なんせ、そんなに車にコリがあるわけでもないし、今は車を掃除しても掃除しても子どもがかなり汚くするし

石や枯葉、お菓子の破片やらなんやらで大変なことに

最近、そのガソリンスタンドにもあったのですが、車のリースというものもあるようですね

メンテナンスから車検まですべてをこみこみにして、車代と合わせて毎月払っていくようです

車は車検の時や買い替えの時に、どーーーんとのしかかるお金が高いので、そういった点からあまり気にせず毎月払っておけば、すべてお任せになるようです

どちらがお得なのか、なんだかよくわからない気がしてしまいます

 

よりによって、先週あたりからパパと軽四の乗り換えを考える話をしていた矢先

話が聞こえたに違いない

どのノートパソコンを買えば後悔しないか

最近、ノートパソコンを買いたいと思っていて、
毎日迷いながら調査しています。
アベノミクスの影響で価格がかなり上がってしまい、手が出しづらくなってしまいましたね。

小児のタッチケア

この間の土曜日に、よく参加する子育て支援のNPOで小児のタッチケア講座をすると聞いて、参加してきました

子どもも健康管理って、結構しんどいので、ちょっとでも知っておきたいなっと情報収集に行ってきました

講座は、県内の鍼灸師の方5名ほどが来て下さり、小児の色々な症状に効くツボとかを教えてくださいました

中には、癇癪や夜泣き、おねしょなど、ツボと関係なさそうなところまで教えてくれました

子どもも場合、ツボをぐりぐりしたり、針をいきなり刺したりなんてことは、もちろんしません

針なんて、刺さない、いや、させないそうです

そこで、タッチケアでは、家にあるママも手はもちろん最高の道具で、それ以外もスプーンの背であったり、歯ブラシなんかでぽんぽんっと叩くのが、いいようです。

万能つぼというのは、ばっちり覚えて帰ったのですが、それは、背中の首のましたにあるぼこっと出た骨の指2本分ぐらい下

そこが万能で、そこからお尻にかけて背中をさすってやるのは、毎日今しているところです

アトピーっ子にも効くらしいので、ちょっと試したりして

家で、自分でお灸とかはするのですが、でも子どもはもちろんできません

先生の話では、最近子どもも肩こりもすっごく増えているみたいです

画面を見ている時間が長かったり、じっとしていることが多いからかな

少しでも、わが家のあれこれ悩みがある二人の解決が出来たらいいな

そして、どこかの小児も専門的にやっている鍼灸師さんのところに連れていきたいなっと思っています

子どもも結構お金がかかるのかと思ったら、色々でした

私が訪ねてみようと思った先生のところは、子どもが1000円という格安

そして、痩身もやっているというとてつもなくうれしい話

また、行った感想も書きたいと思います

 

友達100人以上できました

小説を書いていると、色んな人と不思議な繋がりができます。
書いた小説は70作くらいで、書き始めて3年ほどが経ちました。
小説にはそれぞれ公開範囲を設定できるのですが、あまり多くの人の目に触れたくないなという内容のものは
限定公開という形で公開しています。その限定公開のレベルのものを読むには、私と相互に友達関係になる必要があります。
その『作家』と『読者』の繋がりが、どれだけその作家に固定のファンがついているかの証になり、作家の人気の指標になります。
私はありがたいことに現在その固定読者が150人を超えています。人間、どこでその才能を発揮するかは本人にもわからないものです。

書き始めた頃は文章も下手で、こんなものを読んでくれる人がいるのかなと真っ赤になりながら投稿したものですが、それでもちゃんと評価して
お気に入りに入れて下さったり、コメントを下さる優しい読者の方々に支えられて、これまで70作、書き続けてこれたのだろうと思います。

新作楽しみにしていますと言われて嬉しくないはずがありません。最近はネタも減ってきて文章をお話にまとめる元気も減ってきたのですが、

そうやって待ってくれている読者の方がいると思うと、まだ頑張れる気がします。

これからも、私なりに読みやすく人の心に残るようなお話を書いていきたいなと、友達が150人を超えた今日、改めて思ったのでした。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。