松ぼっくりでクリスマス飾り

先日、松ぼっくりを拾いに行ったが、小さなものしかなかったので、わが家の貧相なクリスマスツリーの飾りにしてみた

なんせわが家のニトリで買った1990円の激安ツリー

子どもに飾らせたら、テンション下がるほど飾りがない

サンタもトナカイもいない

ボールとリボンだけ・・・そして、電飾はなんとなんと1年で故障・・・今年はつかない

そこで、仕方がないので、100均で雪用のワタを購入

そこで、羊毛フェルトも購入 松ぼっくりにひたすら巻きまくって、赤い毛糸でつるしてみた

結構数があったので、それなりにボリューミーな感じになった

もっともっと松ぼっくりをアレンジしたかったが、いまいちいいアイデアが浮かばない。。。残念

来年は、誰かに教えてもらいながら作成したいな

以前、巨大どんぐりを大量にとってきて、これに100均で買った目をつけたり、でこシールででこりまくったり、結構な盛り上がりで子供たちと遊びまくった

どんぐりは、しっかりゆでて乾かしていかないと、1個から1匹は必ずでてくる虫に悩まされる

そんなの今年初めてしった

そして、数日あるとすぐに芽が出てくる生命力にも驚いた

芽が出てきたどんぐりを、親には内緒で実家の庭に大量に植えてみたりして

残ったどんぐりは、どんどんアレンジ

白ベースの油性ペンで、顔を描いたり、すっごく楽しくできたのだが、松ぼっくりはそこまでテンションが上がらなかった・・・残念

でも、子どもと季節のものを外からとってきてアレンジできるようになるなんて、なんだかすごく幸せな気分だ

以前、食べた琵琶の種を実家の庭に勝手に植えたら、今は、子どもの腰の高さまで伸びてきている・・・すごいなあ、植物パワー

本当は、もっともっと上手なら落ち葉なんかも利用して何かを作りたいなあ

子どものレベルになって、いろんなことを楽しめる大人でいたい

 

 

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2013年11月25日 20:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カボチャは冷凍保存で無駄なく使う」です。

次のブログ記事は「アレルギーの血液検査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。