カボチャは冷凍保存で無駄なく使う

旬の時期になり、大きなカボチャが安価で販売されることが多くなりました。

節約を考えると、丸々一個買いたいところですが、食べきれないからと少し高いけれど、カットされてるものを購入する方も多いと思います。



そんな方にオススメなのが、冷凍保存です。

カボチャは丸のままならば、長期間保存することのできる食材です。

しかし、包丁を入れてしまうと空気に触れ、くさりやすくなってしまうのです。



まず、冷凍保存をする前に、どのように調理するか考えます。

例えば、煮物と天ぷらの場合には、その調理に使う大きさにカボチャをカットしてしまうのです。

煮物ならば、一口大の大きさにし面取りをします。

天ぷらならば、薄切りにカットし、チャック付きの保存袋に入れ、冷凍します。

このように、先にカットして冷凍してしまうことで、調理時間の短縮にもなるのです。



また、冷凍したカボチャは解凍してしまうと水分がなくなってしまうので、凍ったまま調理するのがポイントです。

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2013年11月25日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「松ぼっくり」です。

次のブログ記事は「松ぼっくりでクリスマス飾り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。