松ぼっくり

今日、子どもと幼稚園のお迎え後、犬の散歩がてら松ぼっくりを探しに行った

そこに行ったのは、実はかなり大きな松ぼっくりが採れるからだ

なんせ、去年の最高記録は4歳の子供の顔の半分ぐらいはある大きさ

これをちょっと装飾して、クリスマスツリーに飾る予定

以前10月頃にどんぐりを拾いに行った

これまた、かなり大きなどんぐりが手に入った

そのどんぐりには、100均で買ったデコレーション用のシールや目をつけて

キラキラどんぐりを作った

カラーの油性ペンも購入して、それで顔を描いたり!(^^)!

かなり楽しんだ

それらも、穴をあけて紐を通したらかなりかわいい飾りになった

今回は、期待していった松ぼっくりが手に入らなかった・・・なんと、まだまだカッチカチでまったく開いていない

上を見上げたら、かなりの高い木なので、見るのも大変だが、まだしっかりと木にひっついていた

木を登っていきたい衝動もあったが、あまりの高さに完全に不可能

それでも、2歳の弟は大喜びで大きな紅葉したフウの葉っぱを喜んで集めていた

キレイな葉っぱ、大きい葉っぱ、赤い葉っぱ、黄色い葉っぱ、それなりの理由をつけて、大量にある中から選びながら拾っていく彼の目は、きらきら

私といえば、あきらめてカッチカチの松ぼっくりと小さ目だけどちょっと開いた松ぼっくりを拾った

さあ、これからどんな飾りをつけようかな

楽しみだな

こんなことを楽しみにするようなタイプの人間ではなかったのに、こどものえいきょうって大きい

子どもがたのしむことを考えて、一緒に楽しめることを喜んで

本当に幸せな時間だ

これから、彼らがどんどん大きくなると、また違ったことを一緒に楽しんでいける

たった落ちているだけの松ぼっくりだが、今は本当に楽しませてくれる1つのアイテムだ

 追記

たかが松ぼっくり、されど松ぼっくり。

松ぼっくりその後の記事

 

 

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2013年11月22日 21:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「柚子風呂」です。

次のブログ記事は「カボチャは冷凍保存で無駄なく使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。