単身なら断然個人会社

元々一人暮らしをしていたマンションから電車で1時間の場所に就職先が決まり、大学卒業と同時に引越しをしました。

最初はサカイや日通、アートといった大手の引越し会社を考えたのですが、どこも少しお高め...。

一人暮らしの割に荷物が多い方だったので、単身用のトラックじゃ入らないかもと言われてしまったのが原因でした。

その上親の援助を全く受けられなかったので、少しでも安いところをと色々探しました。

そして見つけたのが個人経営の引越し会社。

最初は会社の名前自体全く知らなかったので不安だったのですが、ホームページの『格安でお引越し!』の文字に期待して見積もりを依頼。

翌日にすぐ来てくださって見積もり開始。

「ちょっと多いけど多分大丈夫です。トラックに載せきって見せます!」との頼もしいお言葉。

料金も大手より5000円ほど安かったので、即決する気はあったんですが「もう一声!」とつい吹っかけてしまいました。

すると「...じゃあ特別にちょっとだけですよ?」と更に少し割り引いてくれました。

大手の営業さんとは違い、安い引越し業者は真摯に話を聞いてくれますし、融通も利くので絶対個人会社をオススメします。

ちなみに、荷物はなんとか載り切りました。

それも当日の作業員さんが試行錯誤しながらパズルのように載せてくれたお陰です。

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2013年4月15日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天辺だけ円くうっすらとなってしまった父親の頭髪」です。

次のブログ記事は「足の毛の悩み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。