コシのない猫っ毛の手入れ

私の髪の毛は、猫っ毛で、コシがなくて、スタイリングしても、パーマをかけてもすぐに落ちてしまうので、髪型もあまり冒険できず、とても悩んでいます。特に湿気のある雨の日、さらに気温が高い梅雨の時期などは、すぐに髪の毛がぼわ~っと広がってしまい、朝から気持ちがへこんでしまいます。
縮毛矯正も検討したけれど、痛むし、下手をすると髪の毛がぺたーっとして変になるよ、と経験者の友人から言われ、断念しました。
結局、いろいろ調べたり、美容院の人と相談したりして、今は、髪の毛を洗った後は、なるべく早くドライヤーで乾かすこと、そして椿油を使う事、でなんとか落ち着いています。まず、濡れた髪の毛は、キューティクルが開いていて水分が流出しやすいのだそうです。なので、シャンプー後、なるべくすぐにドライヤーで髪の毛を乾かすことはキューティクルがぎゅっと閉まり、水分を髪の毛の中に閉じ込めることになるので、お勧めなのだそうです。ただ、ドライヤーをあまり長時間かけるのは、髪の毛にもよくないので、地肌と髪の毛の根本をしっかり乾かすように、手早くスタイリングするようにしたほうがいいようです。
また、椿油は髪の毛にいい油として有名ですが、お風呂で椿油を髪の毛になじませ、蒸しタオルでくるんで30分ほど置き、その後シャンプーを2回してよく洗い流すと、髪の毛のまとまりがとてもよくなります。
さらに、ドライヤーをかける前に、少量の椿油を髪の毛になじませると、髪の毛の表面をコーティングしてくれ、ドライヤーの熱や紫外線からも守ってくれます。ただし、この椿油、使う量が多いとべったりとしてうので注意しなくてはいけません。私の場合は、麺棒の先くらいの量で充分効果があります。

ポリピュア 効果

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2013年3月12日 22:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「きれいなワキは永遠のあこがれ」です。

次のブログ記事は「顔全体のたるみについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。