2013年3月アーカイブ

転職のしすぎ

私は社会人になってから、すでに5回の転職をしています。
会社を辞める理由はその会社ごとにさまざまですが、決して自分勝手な理由では辞めていないと思っています。
しかしそれでも履歴書に書くには一番下の欄まで使うことになってしまったりします。
世の中、もっと転職している人や、まじめに会社に入ったことのない人だっているんだから自分はまだ職に就けるだろうと勝手に自分に言い聞かせていたりもしますが。
でも結局最初は社員で入れてもらえなくて、バイトやパートから成り上がるといった形でしか雇用してもらえていないことに気づきました。
会社側も採用するのは十分注意しているのはわかりますね。だから派遣会社も成り立っているんでしょうし。
私は派遣でも全然問題ないと思っていますし。社会保険も付いている事もあるし、なぜか派遣は時給が高いし!
最近は「就職、転職フェアー」などと大きな会場でイベントみたいにテレビで流すのも当たり前みたいですし。
でも就職がないって言っている人ほど、選びすぎているのかもという気もします。
色んな理由をつけて世の中の雇用問題を悪化させているのは結局は雇われる側なのかもしれません。
薬剤師の転職なら

顔全体のたるみについて

会社の帰り道、電車の窓ガラスに見た自分の疲れた顔に驚きました。
なんてひどいことになっているんだろうと思いました。
朝はそんなことなかったのに、とかなりショックでした。
下がった頬、小さくなった目、緩んだ口元、完全に夕方になって重力に負けましたという顔でした。
あわてて鏡を見ましたがやっぱりくすんでいるし、下がっていると思いました。

色々調べてみると、やっぱり夕方になると顔も筋肉が下がってくるようで、特に事務をしているのでお客さんの前に出る、といったこともないので表情筋を動かすこともありません。
おそらく一日同じ表情なんだと思います。

最近マッサージ用のヘアブラシを買いました。
頭の筋肉も凝り固まっているから顔も下がってくるという雑誌の記事を見つけたからです。
人間は一枚皮でつながっているから頭も柔らかくほぐさないと全体が垂れ下がるという恐ろしい話です。
うなじのところから頭のてっぺんにかけて下から上にブラシでマッサージするように溶かしていきます。
こめかみから耳の後ろを通ってとかします。
ゴールデンポイントというおでこの少し上の部分からうなじに向かってとかします。
これでおしまいです。

血行が良くなっているのが分かりますし、鏡を見ると顔も上がって目元がパッチリするのが分かります。
リンパの流れも良くなるせいなのか顔色もワントーン上がるような気がします。

どろあわわ お試し

コシのない猫っ毛の手入れ

私の髪の毛は、猫っ毛で、コシがなくて、スタイリングしても、パーマをかけてもすぐに落ちてしまうので、髪型もあまり冒険できず、とても悩んでいます。特に湿気のある雨の日、さらに気温が高い梅雨の時期などは、すぐに髪の毛がぼわ~っと広がってしまい、朝から気持ちがへこんでしまいます。
縮毛矯正も検討したけれど、痛むし、下手をすると髪の毛がぺたーっとして変になるよ、と経験者の友人から言われ、断念しました。
結局、いろいろ調べたり、美容院の人と相談したりして、今は、髪の毛を洗った後は、なるべく早くドライヤーで乾かすこと、そして椿油を使う事、でなんとか落ち着いています。まず、濡れた髪の毛は、キューティクルが開いていて水分が流出しやすいのだそうです。なので、シャンプー後、なるべくすぐにドライヤーで髪の毛を乾かすことはキューティクルがぎゅっと閉まり、水分を髪の毛の中に閉じ込めることになるので、お勧めなのだそうです。ただ、ドライヤーをあまり長時間かけるのは、髪の毛にもよくないので、地肌と髪の毛の根本をしっかり乾かすように、手早くスタイリングするようにしたほうがいいようです。
また、椿油は髪の毛にいい油として有名ですが、お風呂で椿油を髪の毛になじませ、蒸しタオルでくるんで30分ほど置き、その後シャンプーを2回してよく洗い流すと、髪の毛のまとまりがとてもよくなります。
さらに、ドライヤーをかける前に、少量の椿油を髪の毛になじませると、髪の毛の表面をコーティングしてくれ、ドライヤーの熱や紫外線からも守ってくれます。ただし、この椿油、使う量が多いとべったりとしてうので注意しなくてはいけません。私の場合は、麺棒の先くらいの量で充分効果があります。

ポリピュア 効果

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。