バストが小さいのに・・・

昔からバストが小さかった。

豊満なバストを持っている芸能人や、友人がうらやましかった。

良く聞く「胸が重くて肩が凝る」ということにすら憧れていた。



30過ぎ、結婚して、小さいバストのことはあきらめの境地に入っていた。

夫もあまりそのことには触れなかった。

20代の頃に比べると少々ポッチャリしてきて、

それにともないバストも、多少大きくなった。

いえいえ、実際には太ってわき肉が増えただけ。

だんだん遠慮がなくなってきた夫にも「余分なお肉が増えたね~」と言われるありさま。



しかし、ちょっと大きくなったように感じた、

実際には贅肉で大きく思えたバストだが、決して人様と比べて大きくない。

なのに、どうして、20代の頃のようにピンと張りが無くなり、

今となっては、なんだか重力が過剰なんじゃないの?と文句を言いたくなるくらい

バストが垂れてきた。

大きいから垂れるのは当たり前だ。

でも現実は厳しいですね。

小さいのに垂れてくる。これが結構悲しい。

持つ物を持っていないのにそれもくたびれてくるんですね。

大人女子として、悩みは尽きないものです。

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2012年12月 7日 08:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私の事を旧姓で呼ぶ義母」です。

次のブログ記事は「製パン工場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。