歯周病や口臭の原因

タバコについては現在禁煙外来が保険適用ですので、禁煙したい方は受診をおすすめします。
一般的な歯周病の原因以外では、ストレスなどで胃腸が弱っている際や空腹時など、内臓から臭いが上がってくることもあります。可能なら何かかるく口にするか、ストレスに思い当たる場合は心療内科なども検討してみましょう。
それ以外になると、やはり口腔内で雑菌が繁殖し、歯茎を痛めることで臭いの原因となっているケースがほとんどでしょう。昼間は唾液によって抑えられていますが、夜間は唾液が口腔内に回りにくく、雑菌の繁殖が一気に進みます。虫歯などがある方はそちらが原因となる場合もあるので治療し、そうでない場合、歯茎の周辺がブヨブヨしている人は、歯周病となっていますので、歯茎を含めたブラッシング、歯間ブラシの使用などで歯垢を出来るだけ除去し、口内洗浄液を使って洗浄の効果を高めましょう。
ちなみにいずれにも該当しない場合、他人には分からないのに自分だけ何か臭いがする気がしてしまう、自臭症というものもあります。いずれにせよ、歯科医師の診断を受けて判断しましょう。
パールホワイトプロ2のようなアイテム

このブログ記事について

このページは、ブログ管理者が2012年12月21日 16:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全身エステに行ってきます」です。

次のブログ記事は「同じシャンプーを使い続けられないんです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。