2012年11月アーカイブ

献血に行ってきました

会社の前に献血車がやってきましたので、早速献血に行ってきました。冬場は血液が不足するそうです。冬場はインフルエンザなどで体調を崩す人が多い上、年末年度末で集団献血をすることが難しいそうなんです。そして年々献血者が減少傾向にあるようです。しかし輸血者はどんどん増えています。ですから血液が大変不足しています。そんなことを聞いたら早速みんなで献血にレッツゴーです。社長さんはじめ、職員みんなでぞろぞろ歩いていきました。特にAB型の血は足りないので重宝されていましたね。うちの会社はなぜがAB型人間が多いのです。普段は扱いにくいAB型ですが今日はみんなにチヤホヤされて嬉しそうでしたね。圧倒的にA型が多い日本人ですが、うちの会社っておかしいのですよね。AB型とB型が多いのです。個性的な軍団でいつもトラブルいい争いが絶えません。きっと血液型も関係していると思いますよ。なんだか考えさせられる献血でしたね。まあ役にたって良かったです。

プラモデルを作ってみませんか

最近、プラモデルの世界がどんどん変わってきているのにお気づきでしょうか?

どう言う事かと申しますと
最近の子供たちのプラモデル離れを反映してなのか
かつてのプラモデル少年だった大人たちをターゲットにした
高価で、細部まで作り込まれ、専用の塗料等を用いる事により
まるで実機並のリアルな造形のプラモデルがどんどんシェアを広げてきているのです。

この手のプラモデルですが部品も細かく点数も多く
塗装もしながらですと一つ完成させるのに数か月がかりと言うものも少なくありません。

買ったは良いものの作る暇が無く机の片隅で埋もれさせてしまっている人も数多くいるくらいです。
また、そのような時間が無い人向けに組み立て代行等と言う仕事まであるくらいです。

しかし、かつてのプラモデル少年達に言いたいです。
あのころの作成中の楽しみを、出来あがった時の感動をまたあじわってみてはどうでしょう。

1日10分程でも時間を作って少しずつ少しずつ組み上げていく
パテを盛り、サフを吹き、塗装して、墨を入れる
少しずつ完成形が見えてくる楽しみ、組みあがった時の喜び
少年のころに戻って、あの気持ちを取り戻してみてはどうでしょうか。

骨折してわかったこと

つい最近、左足首を剥離骨折しました。歩いていて段差でひねってしまったんです。年を感じましたね(笑)

一ヶ月半はギブスで固定ということになりました。でも不幸中の幸いというか、骨折したのが左足だったので、オートマである自宅の車は運転できて仕事も休まずに済みました。しばらくは自宅でも会社でも松葉杖のお世話になりましたけれど。

怪我をして初めてわかったんですが、松葉杖での移動って大変ですね。オフィスの通路は狭いし、松葉杖をついている状態で手が塞がってしまうので何かを持って行ったり取ってきたりすることができない。同僚にはかなり助けてもらいました。

自宅でもそうですね。会社よりかなり狭いし床には子供のおもちゃ等が散乱しているので松葉杖では歩きにくく、もう面倒臭くなってしまいには這って移動していました(笑)

今はようやくギブスも取れてリハビリ中です。家族からは「日頃運動をしていないからだ」って散々言われました。怪我と運動が関係あるのかどうかはわかりませんが、確かに運動不足だったかも、と思います。完全に治ったらウォーキングを始めてみようかなと思っている今日この頃です。

休みを利用して一人で旅行に行ってきました

私は普段は忙しいサラリーマンで毎日残業があり、仕事が終わるのも夜遅いので毎日終電帰りです。そのためあまり自分の自由な時間がありません。
しかしたまに仕事が暇になる時まとまった休みを取れる時があります。こういう時に土日とその前後に有給を取って旅行に行ったりします。
そして少し前にまとまった休みを取って一人で旅行に行ってきました。私は一人旅が好きで今までも結構行っています。
一人旅が好きな理由はまず自分の行きたいと思う場所に自由に行くことができるからです。
そして旅行に行く時は行く場所には場所はある程度決めるのですが、具体的なことはその場でいつも決めています。

また旅先で現地の人と知り合うのも一人旅の楽しいところです。私も一人旅をして知り合った人が数名います。
そして今回は北海道のほうに一人旅に行ってきました。北海道は広いので移動は車があったほうがいいのでレンタカーを借りて旅をしました。そして今回もまた現地で人と知り合うことができました。
そして北海道のいろいろな箇所に行くことが出来てとても楽しい一人旅でした。

西岡選手長い間お疲れ様でした

期待の西岡選手でしたがまったく、歯が立ちませんでした。一年ぶりの試合で、幾分勘が鈍っていたのかなと思うくらいの内容でした。

最初からドネア選手の強い左フックを、警戒するあまり右のガードばかりが目立ました。サウスポーなので右のジャブが出ないとリズムがとれないのですが、ガードの方が先だといわんばかりの戦い方に、これは先が思いやられるなと思ってみていました。

ラウンドを重ねていきますがポイントはまったく取れずフルマークでドネア選手優勢でした。判定じゃ勝ち目無いなと思いました。

西岡選手も相手が強いので前半はガードして様子を見る作戦だったらしいのですが、やはりそろそろ出て行かなければと思ったのでしょう、6回に入ると積極的に攻めようと前に出ますが、そこへ待ってましたとばかりの左のショートフックを浴びて、ダウンを喫してしまいました。

始めてみる西岡選手のダウンに少し驚きましたが、ドネア選手のパンチの威力がすごいのだろうと改めて思いました。

9回TKO負けでしたが、セコンドがちゃんと試合を止めてくれて、無残な姿をさらさずに済み、西岡選手はラッキーだったと思いました。

おかしなママ友

近所に同い年のママ友がいます。見ていてとてもおもしろいです。
昨日、車で帰って来られた姿が見えたので「こんにちわ~」と行ってみました。すると、かなりの不機嫌モード。「玄関のアプローチにガムが捨てられている。」とご立腹です。「以前からガムが何度も捨てられている。わざわざ丸めて。お供えされてる。嫌がらせにちがいない!」とまくしたてます。ふむふむ、と聞いていると、さらに感情はエスカレートし、「このガム、DNA鑑定して犯人を突き止めてやる!もー嫌だ、こんなところ引越してやる!」などどと言い出しました。かなり思いつめてるなーと思いながら、いったい誰がガムを捨てていくんだろう・・・と、よーくガムを見てみました。
丸めてあると言っていたけど、かなり上手に丸まってるなー。と思い、「蹴ってみてもいい?」と聞きました。「階段に、絶対にくっつけないでよ!」と怒りモード継続中。ほっといて蹴ってみると、ころころ転がって、コツンッと音がしました。
え。これって石じゃん。
わかった瞬間、怒りモードは終了。思い込みの激しさを猛反しておられました。

洗車はスポーツだ!

秋晴れの休日、ガッツリと洗車をしてまいりました。

新車で買ってまだ間もない愛車は、細かい傷が目立つ黒のボディなので、

念のため洗車機には入れず、全て手洗いです。



カーシャンプーの泡で優しく包むように汚れを取り、セーム革で押さえるように水分を拭き取ります。

完全にボディが乾いたらコーティング剤を塗り、その後丹念に磨き込みます。

もちろん、タイヤやホイールのクリーニングだって怠りませんよ。



ボディを磨きあげたら、次は車内です。

普段運転席にしか座らないので、改めて見ると助手席や後部座席ってけっこうホコリがたまっているんですよね。しっかりとクリーナーをつけて拭き掃除です。

最後はフロアマットを外し、ハンディ掃除機でフロアの小石やゴミを吸い上げたら完了です。



朝の8時からはじめて5時間、昼ご飯抜きで一気にやってしまいました。

ここまで洗車したのは何週間ぶりでしょう。

本当は毎日やっても飽きないんですけどね。

ピカピカになった愛車とは裏腹に、自分の体は汗でビッショリ。

明日はきっと、全身筋肉痛でしょうね。

洗車は作業でもメンテナンスでもなく、スポーツであると声を大にして言いたいです。



曇りひとつない、鏡のような艶の愛車を眺めると、疲れも時間も忘れてしまいます。

ただひとつ、新たな悩みが増えるんです。

私が洗車をすると、すぐに空模様が怪しくなってしまうんですよね。

アクセサリー代わりに、車内にてるてる坊主をぶら下げておきましょうかね?

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。